2014年03月23日

iPhoneアプリ独自ブラウザはBasic認証不対応が多い

テスト中のため、トップページからBasic認証をかけていたのだが、iPhoneでQRコードからアクセスするケースで問題となった。

iPhone には、標準のバーコードリーダーが存在しないので、アプリをダウンロードして対応するわけだが、高機能化のために独自のブラウザを備えていることが多い。この独自ブラウザがBasic認証ページに対応していないというわけだ。

現象としては、アクセスしたページの表示が行われたまま、タイムアウトになるかそのまま待ちっぱなしになる。

どうも、iOS で提供している部品のUIWebViewには、Basic認証のID・パスワード指定は出来るけれど、Basic認証が必要になった時のイベントフックが無いのが原因と言う話しである。

いずれにせよ、一般公開する場合はBasic認証を外すので、Safari の様な標準ブラウザを使用してテストを終えた後、Basic認証を外して、単純な確認してOKとした。
posted by ゆるきま at 22:41| Comment(0) | 技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: