2014年04月16日

特等添乗員αの難事件(5) by 松岡圭祐

松岡圭祐さんの作品は万能鑑定士Qシリーズからで、以前から興味はあったのだが角川フェアの半額セールで購入。1巻読んで面白さに確信を持てたので、一気に購入した。

特等添乗員αシリーズは、姉妹シリーズで水平思考の達人である主人公の活躍を描く。

Qシリーズの主人公は「博識」を武器に、αシリーズの主人公は「発想」を武器に難問を解いていくと言う違いはあるが、基本的に松岡圭祐のウンチクが基になっている事は否めない。

ウンチクを「頭の体操」的なものと「豆知識」的なものに分類して、それぞれのシリーズのネタに使っているものと思われる。

基本的な話の展開は、作者の頭の中にテンプレートとしてあって、ネタを基に構成を考え、当てはめて完成させると言った流れで作っていると推測している。

ウンチクとしては、どうしても「頭の体操」的なものは少ないらしく、博識方面は並のはずのα主人公の方にも「豆知識」的なネタが仕込まれるのはしようがないとは思う。当巻では、前半・後半のどんでん返しに「博識」の部分を使って居るのは、ネタ的に苦しかったのかなと思ってしまう。

そう言う意味では、Qの方が安心して読めるのであるが、ラテラルシンキングによる、アハ体験も捨てがたいんだよな。Qとαのコンビで活躍すると言うのが、落としどころとして妥当なのではなかろうか。







posted by ゆるきま at 23:33| Comment(0) | 感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: